Menu

幼児教育科
について Early Childhood Education

半世紀以上ひたむきに
乳幼児教育を見つめ続けた
常磐会短期大学だからこそできること。

常磐会短期大学は、50年以上にわたり力を注いできた乳幼児教育を専門とする単科大学です。学内で過ごす全員が同じ「保育者」という目標に向かう仲間ばかり。同じ目線で喜びや悩みを共有し、現場経験の豊富な教員と最新のカリキュラムに則した学びのなかで、保育の現場で求められる力を養うことができます。

学科長 岡本 和惠

常磐会短期大学 幼児教育科
学科長 岡本 和惠

乳幼児保育は、人の根っこの部分を育てるかけがえのない仕事です。保育者をめざす人には学力も大切ですが、それを支える人間性も大事になります。授業だけでなく行事や付属園との関わりなども含め、2年間の学びがすべて保育につながっています。思考力や表現力、判断力などは、保育の実践力に結び付く素養ですので、入学の段階からその部分はしっかり見極めています。
入学動機として「子どもが好き」や「幼稚園の先生に憧れて」ということをよく聞きますが、そこを出発点として「乳幼児教育の常磐会」と言われる伝統と実績を持っている本学で、豊かな乳幼児期を育む保育を追い求めてほしいと思います。そして、主体的に学び続ける姿勢を持ってほしいと願っています。

常磐会短期大学 幼児教育科の学びのポイント 常磐会短期大学 幼児教育科の学びのポイント

POINT1 資格・免許 POINT1 資格・免許

現場で役立つ知識と教養、そして
卒業と同時に資格・免許を手に入れて
即戦力の保育者として保育の現場へ

保育専門の就職先は、保育所(園)、幼稚園、認定こども園、福祉施設などがあります。幼保一体化の動きに伴い、最近では保育所(園)、幼稚園に加えて、両方の要素を兼ね備えた認定こども園が増加傾向にあり、認定こども園への就職には保育士資格と幼稚園教諭免許の両方が必要です。常磐会短期大学では「保育士資格」と「幼稚園教諭二種免許状」の2つ同時取得を前提とした教育を行っており、2年間の学びで卒業と同時に両方の資格と免許、加えて「社会福祉主事任用資格」が取得できます。
学生それぞれの希望する就職先に対し、必要な資格と免許を備え、かつ即戦力となりうる実践力を養う本学の教育プログラムは、保育の現場からも高い評価と信頼を得ており、一般企業への就職などを除いた保育の専門職に対しての就職率は95%(2018年3月31日現在)、またそのほとんどが正規雇用での採用となっています。

取得できる資格・免許 取得できる資格・免許

POINT2 カリキュラム POINT2 カリキュラム

伝統と歴史が培った独自メソッドと
3ステップの実技カリキュラム
より実践力のある保育者

乳幼児教育ひとすじに歩んだ50年以上の歴史。
そのなかで磨き上げられたカリキュラムは、保育者に必要な知識と教養のみならず、あらゆる場面で的確に対応できる実践力を高める内容となっています。
その特長は、社会人として必要な基礎的な教養をベースに、保育者としての専門知識と実技力、現場で必要不可欠な実践力を組み合わせた独自メソッドを構築し、基礎科目からより専門的な必修科目へ、さらに現場力を培う実践科目の3ステップ方式にあらわれています。なかでも保育の目的意識を養うため実技科目や保育計画の授業を重視し、就職に向けた多岐にわたる対応力を強化。より現場で応用のきく保育者へと体現的に導くカリキュラムで、即戦力となる保育者を養成しています。

時代と社会が求める保育者へ

POINT3 実習プログラム POINT3 実習プログラム

現場経験豊富な教員
プレ実習から振り返りまで
実習の前後もきめ細やかにサポート

学んだことを実際の保育現場で体験できる実習。
常磐会短期大学では保育所(園)、幼稚園、福祉施設など環境を変えて2年間で全5回の実習プログラムを実施します。実習は現場に息づく保育プログラムを直に肌で感じとることができる貴重な機会です。実習指導の現場経験が豊富な教員が心構えの面からもしっかりとサポートしています。
また実習に至るまでのガイダンスや付属園でのプレ実習、期間中のフォロー、実習後の反省と振り返りといったきめ細やかな指導で、長期的な視点から実習を有意義なものにしていく体制を整えています。

海外幼児教育研修

日本の保育とどう違う?
新たな視点を得る海外での
幼児教育研修

春休み期間を利用し、希望者を対象に開催している海外幼児教育研修。幼児教育の先進地とされるドイツ、伝統あるオーストラリアと連携し、制度や手法を学ぶだけでなく、現地の子どもとのふれあいを通して海外の保育や幼児教育を肌で感じることができます。また現地の文化や英会話なども同時に学べ、視野を広げる機会となっています。

さらに詳しく見る

学内行事・イベントについて

入学直後に開かれる親睦のための宿泊プログラム、フレッシュマンキャンプに始まり、リーダーズトレーニングやオープンキャンパスなど、1年を通してさまざまな行事・イベントが目白押し。なかでも「三大行事」と称される体育祭、文化祭、合唱祭は、クラス対抗で行われることから練習や衣装作りにクラス一丸となって、毎年白熱のチームプレーが光ります。
こうした行事を通して2年間でクラスの仲間との団結力が凝縮されます。保育は1人ではできません。他者と協力しながら何かを作り上げていくことで、人の考えをよく聞いて取り入れる力を養います。行事・イベントを楽しみながらチームワークや多様性を身につけることは親睦だけでない目的の1つです。

さらに詳しく見る
Page top