Menu

建学の精神・教育理念

建学の精神-常磐会短期大学の校是

本学は、昭和39年(1964年)保育学院から短期大学に改組するに際し、「専門の学芸を教授研究し、職業または実際生活に必要な能力を育成すること」を基盤に、「豊かな情操・高い知性と教養を身につけた女性を育成し、特に幼児教育者としてのすぐれた資質を培うこと」を目的としました。
当時、常磐会学園理事長であった西脇りかが、初代学長に就任し、「和平 知天 創造」を校是とし、これをもって建学の精神としました。100有余年の歴史を持つ大阪府女子師範学校同窓会「常磐会」に脈々と受け継がれてきた常磐会精神を校是として表し、建学の精神としたものであります。

教育理念

常磐会短期大学では、創設以来生きることの大切さと生きることの喜びをすべての人々と共有できる豊かな感性と確かな知識を身につける教育を心がけてきました。激動する時代、不透明な方向性の社会を生き抜く若者にとって、本学の建学の精神が新しい時代を切り拓く指標となるよう、改めて校是を読み解き、学園関係者はもとより広く学内外に周知することが求められています。特に在学生には、常に保育・幼児教育者としての自覚と責任を促すために、教育理念への深い理解を求めております。

「和平」
一人ひとり誇りをもって一日一日をしっかり生きること。
生きているものすべてが互いにやわらぎ、
和み、平和にすごすこと。
「知天」
天命を知ること。
一人ひとり使命を探求し、発見し、自覚すること。
「創造」
創る喜び、共に創り出す喜びを体験すること。
一人ひとりが新しい価値あるものを創り出すこと。
大学紹介トップへもどる
Page top