Menu

公務員採用試験合格者からの
メッセージ

  • 藤原 美咲 さん

    先生や先輩のサポートが
    力になりました。

    中学のときから保育士になるのが夢で、まわりからの声もあり1回生の頃に公立の採用試験に挑戦することを決意。先輩方が書き残してくださった報告書を見ながら過去問題を研究しました。小論文の書き方や面接などは、先生方に細かくサポートしていただきました。一人でがんばりすぎず、まわりの支えにときには頼ってくださいね。

    Message 01

  • 前田 芙優香 さん

    自分の言葉で
    目標を語れるように。

    最も力を入れたのは面接対策。
    保育士をめざす動機や将来の目標を、暗記ではなく自分の言葉で語ることを意識しました。先生にいつも対面指導していただいたことから、本番ではスラスラと答えることができました。採用試験の期間が長く、不安なときもありますが、諦めなければきっと乗り越えられるはずです。

    Message 02

  • 岸田 愛加 さん

    結果の心配よりも、
    「今」を大切に。

    公立の採用試験についての情報を1回生で集め、2回生のときに本格的な勉強を開始。勉強に集中する時間を確保するために朝は1時間前に登校して、放課後は図書館で過ごしました。長い採用試験期間のなかで最大の敵は不安と焦り。ただ、結果のことばかりを考えないで、今できることを精一杯がんばることが大切です!

    Message 03

  • 深山 朋花 さん

    自分なりのルールを
    作って乗り越えました。

    「毎日、参考書の問題を最低3問は解く」という自分のルールを作り、悩みがあるときは迷わず、先生に相談していました。
    一般教養を含めた筆記試験対策から実技や論文まで、細かく指導していただいたことが合格につながりました。目標を一つひとつ丁寧にクリアすれば、夢は叶います。

    Message 04

  • 木下 栞里 さん

    先生の言葉が力をくれました。

    採用試験期間中は、まわりからの応援がとても力になりました。不安もあったけど最後まで走りきれたのは「あなたなら大丈夫」という先生の言葉があったから。無理と感じることがあっても、あきらめずにチャレンジを続けてください。

    Message 05

  • 坂田 明日香 さん

    行き詰っても味方はいます!

    2次試験の面接に備え、先生に相談して何度も練習しました。雰囲気に慣れることで力を出し切れたと思います。行き詰ったら家族に話を聞いてもらうようにもしていました。先生方もまわりの人もみんなあなたの味方です!

    Message 06

  • 山南 知世 さん

    日々の授業の大切さを知ろう。

    友達の就職内定が次々と決まるなか、合格発表がずっと先なので不安でしたが、「あなたのことは最後まで見ていますから」という先生の言葉が支えになりました。日々の授業をしっかり聞くことを基本に粘り強く努力してください。

    Message 07

  • 米田 乙羽 さん

    ノートと添削で
    コツコツ努力しました。

    1次試験は参考書を中心に、2次試験は過去問題を解きながら、ノートにまとめて進路支援センターやいろいろな先生に添削してもらう勉強をコツコツ続けました。公立の採用試験は時間の長さとの闘いです。焦らず自分の歩幅でがんばってください。

    Message 08

  • 北田 百香 さん

    これだけはがんばり通したと
    言える人に。

    まずは1次試験に向けて、一般教養の勉強に日々励みました。実習との両立も大変でしたが、気合をもって挑みました。乗り越えないといけないことは多いですが、「2年間でこれだけはがんばり通した」と言える人になってください。

    Message 09

  • 北村 優衣 さん

    スロースタートでも
    夢は叶います。

    2回生になってから公立の採用試験へのチャレンジを決めました。めざす自治体について詳しい先生に相談したり、過去に受験された方から積極的に情報収集に努めたのがよかったと思います。スタートの時期にかかわらず、真剣に取り組めば夢は叶います。

    Message 10

  • 岡﨑 夏子 さん

    悔いが残らないように
    走りきって。

    3次試験までの長い道のり。途中でくじけそうなときも先生や友達の応援で乗り切れました。採用試験当日は「やるだけのことはやった」の気持ちでリラックス。面接では笑顔、姿勢の良さ、ハキハキした口調を大切にしてください!

    Message 11

  • 坂 知美 さん

    未来の自分をイメージして
    がんばりました。

    実習をきっかけに公立の保育所に魅力を感じ、公務員採用試験の受験を決めました。1次試験には苦手な数学があったため、克服できるよう毎日時間をきっちりと決めて勉強しました。つらいときは希望の職場で働く自分をイメージしてください。

    Message 12

  • 宮﨑 千穂 さん

    毎日の積み重ねと
    笑顔を万全に。

    まわりの勧めもあり地元の公務員採用試験を受験。3次試験の個人面接が終わるまで不安や焦りもありましたが、悩みを聞いてくれる友達のおかげで思いを貫けました。毎日の積み重ねと、意志の強さ、そして笑顔がポイントです。

    Message 13

  • 岩本 紗季 さん

    「強み」を上手に
    アピールしよう。

    ピアノが得意ではないので2次試験の実技に向けて日々練習に励みました。苦手科目の克服はやっぱり大事です。いつも笑顔で明るい雰囲気作りができるのが私の特長なので、面接でアピールしました。自分の「強み」をうまく伝える練習をしてください。

    Message 14

  • 岩城 桃花 さん

    基本が大事、息抜きも大切。

    毎日、授業のノートを自分で見やすくまとめたことが合格につながりました。公立の採用試験は段階を踏み合格者が絞られていくため不安もありましたが、そんなときは好きなアーティストのDVDを見てリラックスする時間を作りました。

    Message 15

Page top