Menu

学校法人常磐会学園について

脈々と流れる人間教育と
地域貢献への情熱
それが常磐会の原点です

常磐会学園 理事長 奥 始
学校法人常磐会学園
理事長 奥 始

脈々と流れる人間教育と地域貢献への情熱
それが常磐会の原点です

昭和2年に同窓会「常磐会」により創設された常磐会幼稚園、続いて戦後に設置された幼稚園教員養成所が始まりとなり昭和30年「学校法人常磐会学園」は誕生しました。そして時を経て平成26年、常磐会短期大学は創立50周年を迎えましたが、その間に卒業生は2万人を超え、保育者養成校として乳幼児教育界に多くの人材を送り出してきました。先人たちの人間教育への情熱と社会貢献への想いが醸成され集約された常磐会精神は、今なお常磐会学園に脈々として受け継がれ、「豊かな情操・高い知性と教養を身につけた教育者・保育者の育成」をめざしています。
常磐会学園は常磐会短期大学と四年制の常磐会学園大学、そして3つの付属園、地域の子育てをサポートする常磐会学園こどもセンターを運営しています。平成11年に創設した常磐会学園大学は、教育者養成に特化し、豊かな人間性とより高い専門性と実践力を備えた小学校教諭、幼稚園教諭、保育士を養成。認定こども園常磐会短期大学付属常磐会幼稚園、幼保連携型認定こども園常磐会短期大学付属いずみがおか幼稚園、近く認定こども園として船出を予定している常磐会短期大学付属茨木高美幼稚園の3園は、これからも大学との連携を密にしながら子どもを中心にしたいっそう細やかな保育を行い、地域のモデル園として先導的な役割を果たしていきたいと考えております。また常磐会学園こどもセンターでは、子育て支援に関する最新の情報の発信と共に学生の実習の場となるなど、地域の子育てに資する総合センターとしておおいに期待されています。
今後の学園にとって、何よりも重要なのは子どもや学生の目線を持ち、教職員が「すべては子ども・学生のために」という想いや、教育・保育に対する情熱・使命感を持ち続けること。そのなかで、子どもや学生があふれんばかりの笑顔で輝く姿を心から願い、自らの喜びとする気持ちを大切にする教職員集団であり続けたいと願います。
歴史をひもとくと人間教育の基礎となる就学前教育への非常に熱い想いがあります。人間教育をしたい、そしてそれを地域への貢献としたい、この2つが常磐会学園の原点。脈々と続いてきたこの礎をしっかり守り、常磐会精神に貫かれた校是「和平 知天 創造」を堅持し、一貫した教育理念のもと、この「常磐会」を誇りに歩んで参ります。

学園紹介

併設大学

付属園

図書館

地域子育て支援

その他

大学紹介トップへもどる
Page top