Menu

はじめての「せんせい」 実習の思い出やエピソードを、
センパイたちに聞いてみました。

PROFILE

  • 鶴本 彩乃さん
    2回生 鶴本 彩乃さん
    大阪府立久米田高等学校 出身
  • 森河 理沙さん
    2回生 森河 理沙さん
    阪南大学高等学校 出身
  • 森田 みなみさん
    2回生 森田 みなみさん
    大阪府立枚方津田高等学校 出身

子どもの成長を間近で見て、
保育者になりたい気持ちを再確認。

  • 鶴本さん

    初めて実習に行ったときはとても緊張したし、子どもとどう接したらいいかわからなかったなあ。
    同じ子どもとばかり遊んでしまったりして。

  • 森田さん

    わかる!私も何をすればいいのかわからなくて、子どもと遊ぶだけだったよ。

  • 鶴本さん

    先生というより「遊びに来たお姉さん」として見られていた気がする(笑)

  • 森河さん

    確かに。私は最初の実習で絵本の読み聞かせをしたんだけど、
    子どもたちがなかなか集まってくれなくて苦労した!

  • 森田さん

    先生として振る舞うのが難しかったよね。少しずつほかの先生の声かけを真似してみたりするんだけど、「先生をしている自分」に照れてしまったりして(笑)

  • 鶴本さん

    少し先生らしくなれたと思えたのは4回目の実習かな。発表会があったんだけどなかなかうまくできない子どもに指導したの。本番で、できるようになっている姿を見たときはうれしかった!

  • 森河さん

    子どもが何かに成功したところに立ち会うと感動するよね。
    私は幼稚園での実習で鼓笛隊の指導をしたんだけど、上手に演奏できているのを見て、教えた甲斐があったなぁとしみじみ感じた。子どもの成長する力ってすごいと思う。

  • 鶴本さん

    そうだよね。実習の初めには言葉がはっきりしていなかった1歳の子どもが、終わりごろになるとお話し できるようになっていてびっくりした。小さい成長に気づけるのが、保育の喜びなのかも。

  • 森田さん

    うれしかったことといえば、子どもたちが実習後も私を覚えていてくれたこと。
    すぐに忘れるだろうなと思っていたんだけど実習後に伺ったら「せんせいー!」って寄って来てくれて。

  • 森河さん

    私は実習が終わったあとの事後訪問で、子どもたちから手紙をもらったよ。
    「ありがとう」って書いてあって感動しちゃった。

  • 鶴本さん

    かわいい!子どもたちは思った以上に私たちのことを覚えてくれているから、
    大変だけどやりがいがあるよね。

Page top