TOP > 学科紹介 > 実習プログラム

実習プログラム

保育現場に精通した教員による安心で強力なサポートのもと、
段階を踏みながら2年間で5回(各2週間)の実習を経験

授業で学んできたことを保育の現場で体験して、乳幼児とふれあいながら実践のなかで指導方法や技術を身につけます。
常磐会短期大学では乳幼児教育の長い歴史と実績により、多数の実習協力先があり、実りある実習ができるよう計画されています。

SCHEDULEー 2年間の実習スケジュール ー

2年間の実習スケジュール

現場経験のある教員が担当する教育・保育実習指導

PROCESSー 実習の流れ ー

実習オリエンテーション

実習における一般的な心得を学び、実習や事前事後訪問に伴う手続きなどを行います。

事前指導(授業)

本学の教員や現職の先生から保育現場で必要な内容と指導計画の作成などを学び、実習記録の意義・内容を理解します。

実習(2週間)

1回生は観察・参加実習を中心とした実習、2回生は指導計画を立て保育にあたる責任実習を経験します。

事後指導(授業)

それぞれの実習を振り返って反省と自己評価を行い、今後の課題を明確化して、自己の向上をめざします。

実習指導室

実習指導室

学内において実習を支援する施設。 実習に関する不安や悩み相談など、きめ細かなサポートを行います。

ONE DAY※本学付属幼稚園での実習例となります。

実習生の1日※本学付属幼稚園での実習例となります。
掃除・打ち合わせ・反省会

実習は8時頃から始まります。 本学指定の制服から実習服に着替え、実習日誌・記録を提出。 保育準備をすませ、園児たちを笑顔で迎えます。

外遊び

子どもたちは朝の集いに参加した後、好きな遊びを見つけて遊びます。 保育補助として子どもたちを見守りながら、保育に参加します。

みんなで昼食

午前の遊びの片付けをしたら、みんなで昼食準備。 好き嫌いの多い子どもも、できるだけ楽しく完食できるように励まします。

室内遊び

2回生の実習では全日保育を任されることも。 担当の先生からのアドバイスをもとに、絵本の読み聞かせや手遊びなど、自分の力で取り組みます。

掃除打ち合わせ・反省会

園児の降園後は掃除や翌日の準備。 指導担当の先生との反省会では子どもたちへの関わり方などの指導を受け、その日の保育の整理をします。