常磐会のポリシー

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

本学は、豊かな情操を具え、高い知性と教養を身につけ、保育者としての高い資質を有する人材の育成を教育目的としています。従って、次のような姿勢で修学できる学生を求めています。

  1. 1 本学の教育目的を理解し、教育課程に沿って学習に励み、自己研鑽に努めることができる。
  2. 2 ひとに対して思いをめぐらせることができる心をもち、保育者としての責任と使命感をもって乳幼児の心身の健やかな成長を扶けることを目的としていること。
  3. 3 社会の一員であることを自覚し、その責任を果たすために、幅広い教養やコミュニケーション能力などの基礎能力と保育者としての専門的知識・能力を培うことができる。
  4. 4 本学の修学に必要な高等学校等における基礎的な学力を有していること。また、保育者としての専門的な技能として、音楽(歌唱、演奏)表現・造形表現・身体(運動)表現の習熟に必要な基礎的な知識・技能を備えていること。
  5. 5 修学に支障をきたさないように健康管理ができること。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

本学の教育方針に基づき、本学での定める授業科目及び所定の単位数を修得し、次のような資質を備えた学生に対して、卒業を認定し、短期大学士の学位を授与します。

  1. 1 社会生活に必要な知識を身につけ、理解している。
  2. 2 自己・他者・社会への関心を持ち、教養を備えた人間として、生涯を通じて学び続ける姿勢と、社会・環境に働きかける意欲を持つ。
  3. 3 自ら、あるいは他者との協同の上で設定した課題について、学問領域の研究方法を用いて、分析し考察することができる。
  4. 4 体得した技術・技能を用いて、口頭あるいは文章によって論理的に表現することができる。
  5. 5 人権感覚を身につけ、自らの義務を着実に果たし、知識や能力を活かして、社会に貢献できる。