TOP > 大学紹介 > 大学案内 > 学長メッセージ

学長メッセージ

なぜ、自分は保育者になろうとしたのか。
強い志と思いを忘れずに、「いい保育者」になってください。

皆さんには「いい保育者」になってほしいと願っています。 「いい保育者」とは、子どもの目線に立って、子どものことを一番に考えられる人です。 保育は、子どもが相手ですから、思い通りにはならないものです。 そんなときに、自分はダメだと思い込んでしまっていては前へ進めなくなってしまいます。 うまくいかないこと、壁にぶつかってしまうことは誰もが経験することです。 あらためて「なぜ、自分は保育者になろうとしたのか」「どのような保育者になりたいのか」という志や思い、目標があれば、きっとその壁を乗り越えることができるでしょう。
常磐会短期大学には、体育祭、文化祭、合唱祭という3つの行事があります。 まわりと協力し、「力を合わせる」経験があなたを成長させてくれます。 共通の体験を通してできた仲間は、社会にでてからもきっとあなたを支えてくれるでしょう。 子どもたちのために「いい保育者になろう」という志を持ち続け、楽しい学生生活を過ごしてくれることを願っています。

学長 田淵 創